消費者金融と結婚についてのQ&A

Q:消費者金融を利用中に結婚したら届け出なければいけない?

届け出
A:届け出が必要
結婚をすると名前や現住所などが変わり、女性だけでなく男性でも結婚前である申込時と状況が変わることが多いです。
そのように状況が変わった場合は、届け出が必須となります。

届け出は義務なので、必ずしなければならないものです。
故意に隠していたと判断されれば、ペナルティを課せられる場合もあるため注意が必要です。

Q:結婚して条件が変わったら借入を一括返済しなければいけないの?

A:一括返済はしなくてもOK
結婚しても、返済が順調であれば一括返済を迫られることはありません。
金利や月々の返済額など、今までの条件で完済まで利用することができます。

ただし、専業主婦になった場合は追加借入ができなくなるため注意が必要です。

結婚を届け出た場合、信用度が高ければ結婚費用のための増額を持ちかけられることもあり、必要であれば新たに借入れをするよりもスムーズに借入れすることができます。
しかし、消費者金融はブライダルローンなどに比べて金利が高いので、借入額や返済計画に注意が必要です。

Q:苗字が変われば今までのブラック履歴は消える

ブラックリスト
A:ブラック履歴は消えません
ブラック履歴が消えることはありません。
姓が変わっても、下の名前や生年月日、本籍地、勤務先、公的書類の番号など、ありとあらゆる情報から旧姓を割り出すことができるのです。

借入先に旧姓がわからないように申込んだつもりでも、結局は旧姓とブラック履歴はバレることになります。

・男性の姓が変わった場合は要注意
自ら旧姓の情報がわかるものを届け出ないと、審査に落ちる確率が高いです。
信用情報がないだけでなく、反社会的勢力の人が養子縁組を行って頻繁に姓を変えることがあるため、金融機関に信用してもらえないからです。

・信用情報の全くない「スーパーホワイト」はかえって怪しまれる
信用情報には、クレジットカードの利用履歴や携帯電話の支払い履歴も含まれます。
そのため、何かしらの情報があることが通常です。

全く情報がない人は異常であり、過去に金融事故を起こしたと判断されて審査に通らない場合もあるため、注意が必要です。

・苗字が変わって契約できたとしても更新時にばれるかも?
有効期限近くの再審査や定期的な再審査(途上与信)で、旧姓の時の事故記録が判明することもあります。
このような場合は信用を失い、カードを剝奪されるなどの事態もあり得ます。

自分でブラック履歴を自覚している場合は、名字が変わってもカードローンなどを利用しないことや、申込み時から会社側に旧姓も伝えておくなどの対策が必要です。

ブラック履歴が消えるまで待ってからあらたに申込を
延滞や代位弁済、任意整理は最長5年、自己破産は最長10年で履歴が消えます。
履歴が消えた後は、他の審査項目で問題がない限り審査通過が可能となります。

金融事故を起こしている・債務整理をしている人はその履歴が消えているかを申込前に自分で個人信用情報を取り寄せて確認しましょう。

Q:ブラックリストに入っている人が結婚したら配偶者や家族もブラック入りしてしまう?

A:いいえ、本人以外は無関係です
金融事故情報はあくまでも本人のみの情報なので、結婚しても配偶者や家族はブラックリストには入りません。
逆に、家族内にブラックリスト入りしている人がいても、その本人以外は金融機関で借入れすることが可能なのです。

ただし、配偶者や家族がローンや奨学金を組む際は、ブラックリストに入っている人が保証人になることはできないので、注意が必要です。