アコム・プロミスでは学生でも借入ができる?

学生学生でも、アルバイトをしていれば借入れが可能です。
アルバイトによる収入の額が少なくても、一定の収入があれば借入れできるため、学生でも借入れが可能なのです。

また、一定のアルバイト収入という条件以外にも、20歳以上で金融事故を起こしていないことという条件を満たしている必要があります。
金融事故については、キャッシングだけでなく携帯端末のクレジットの滞納なども含まれるため、注意が必要です。

アコム・プロミスで1ヶ月あたりいくらぐらい収入があれば借入可能?

収入が少なくても審査に通る可能性はありますが、収入が多い方がより返済能力があると判断され、審査に通りやすいです。
学生の場合、月収10万円以上あれば借入れできる可能性が高くなります。

一方、収入が少ない場合は、月収5万円では収入以外の条件が良ければ借入れできる可能性があり、
月収8万円では審査項目に問題がなければ借入れできることが多いです。

ただし、いずれも審査次第となるため、収入が多ければ必ず審査に通るというわけではないので注意が必要です。

アコム・プロミスで学生はいくらまで借りられる?

総量規制で定められた金額まで借入れができる限度額は、年収の1/3までとなります。

学生の場合は社会人のように毎月安定した収入があるとはいえないので、年収の1/5くらいまでとする金融業者が多いです。
そのため、学生の場合は10~20万円が相場と言えます。

アコム・プロミスでの借入が就職活動で不利になったりしない?

金融機関から借入れをすると、信用情報に残ることになります。

しかし、個人の信用情報は金融機関が「支払い能力を調査する」目的でのみ利用することができるものなので、志望先の企業が情報を調べることはできない仕組みになっています。

就職活動に不利になることはないので、安心して借入れする事ができます。

アコムとプロミスが学生にもおすすめな理由

おすすめ

アコム、プロミス共に窓口や自動契約機でカードを受け取る場合は、郵送物を無くすことができます。
更に、プロミスの場合はWEB完結を利用すればカードレスで借入れできるので、より安心です。
このような方法を使って郵送物を無くすことで親バレの心配がなくなるため、アコムとプロミスが学生におすすめなのです。

また、親だけでなく友人など周囲の人に見られないように借入れするためには、自動契約機かWEB完結を利用するのが無難です。
WEB完結は家に居ながら申込みから契約まで済ませることができるのでおすすめです。

アコムとプロミスでは、契約時だけでなく利用する上でも学生におすすめなポイントが2つあります。
1つめは無利息期間があり、利用しやすいという点です。
初めての借入れならば30日間の無利息期間が付き、この期間に完済できれば利息無しで借入れすることも可能なのです。

ただし、無利息期間の利用には注意点があります。
アコムの場合は返済日を35日毎に設定する必要があります。
無利息期間は契約日の翌日から30日間となっていて、お金が必要な日に合わせて契約しなければ十分に無利息期間を使うことができないため、注意が必要です。

プロミスの場合は、メールアドレス登録とWEB明細の利用が必要となるため、注意が必要です。
アコムと違い、無利息期間は借入日の翌日から30日間なので、契約してから借入れまでに日が空いても無利息期間を十分に使う事ができます。

2つめは、月々の負担を少なくすることもできるという点です。
10万円借入れした場合、月々の最低返済額はアコムならば5,000円、プロミスならば4,000円となっています。
ただし、最低返済額が少ないと返済期間が長くなってしまうので注意が必要です。